細菌・ウイルス感染リスクの大幅削減のために

既に多くのお客様から喜んでいただいている
秀美装の提供しているサービス内容をご紹介します。

次亜塩素酸水のドライフォグ噴霧により
細菌・ウイルスを99.99%除菌・消毒

細菌・ウイルス・有機化合物を不活化し
消滅させる光触媒による抗菌コーティング

次亜塩素酸水による細菌・
ウイルス除菌・消毒

Clezia水とは

Clezia水は塩酸などの劇物を一切使用することなく生成される、電解次亜塩素酸です。残留性が低く極めて安全、しかも強力な除菌・消臭力があり、アルコールが効きにくい菌・ウィルスにも効果を発揮されることが証明されています。
さらに、『水のように安全』なため、あらゆる場所で利用することが可能です。

  • 食品を扱う場所で
  • 介護・一般施設で
  • 一般家庭で
  • 保育園で

驚きの除菌・消毒効果

Clezia水の特徴は、高い除菌・消毒効果にあります。インフルエンザウイルス、ノロウイルス等様々な細菌・ウイルスに効果を発揮することが承認されています。幅広い効果は右ファイルごご覧ください。
コロナウイルスについては、厚労省、経済産業省が関わる【製品評価技術基盤機構(NITE)】により新型コロナウイルスに対す次亜塩素酸水検証試験の途中経過(R2.5/29時点)が発表されました。実測値pH5.0、ACC49ppmでは、99.9%の感染か減少が認められたが有効承認とされる値99.99%には至らずまた低濃度次亜塩素酸水では、99.9%未満であり引き続き、検証試験が進められています。

※画像をクリックすると拡大されます。

※画像をクリックすると拡大されます。

施工価格目安

■ 50㎡以下:30,000~60,000円(税抜)

■ 2LDK 3DK:30,000~60,000円(税抜)

※単発施工、定期施工・建物の形状等で異なります。

※施工前に御見積をいたします。写真・動画 等、リモートを利用した御見積も行っています。

【お支払いは原則、銀行振り込み又はクレジットカードにてお願いしております。】

対応会社

「次亜塩素酸水 何が本当!?」の疑問に答えます!

2020年6月12日
株式会社 秀美装 
代表取締役 田中秀幸

代表田中が
                    説明します!

2020年4月15日厚生労働省や経済産業省が関わる
【製品評価技術基盤機構(NITE)】は、アルコール消毒液以外で新型コロナウイルスに
有効である可能性があるものを選定しました。
その中に「次亜塩素酸水(電気分解法で生成したもの)」が含まれていて有効性の評価を始めました。
そして5月28日の中間結果発表で

  • ①:【現時点での「次亜塩酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない】と発表しました。
    →新型コロナウイルス感染化減少率が99.99%以上であることが認められました。(最終報告.R2.6)
  • ②:【子供がいる場所での噴霧を控えて】という報道に対して

「新型コロナウイルスに効果がある。」という二極化した情報が世間の人々を惑わせています。
そこで私も次亜塩素酸水を扱う業者として①、②について私なりの見解をお伝えします。

続きはこちらをクリック

①について

※以下は99.99%と認められる前の見解です。

【製品評価技術基盤機構(NITE)】のウイルスに対しての有効判断の基準である
国立感染症研究所、北里大学での検証試験において「感染価減少率が99.99%以上の物質」を示すものが有効と判断されます。
つまり例え99.9%の感染価減少が確認できても有効とは判断されないということです。

国立感染症研究所の検証試験において

  • 【微酸性電解水(実質値pH5.0、ACC49ppm)では99.9%以上の感染価減少が確認された】と報告されています。

北里大学の検証試験において

  • 【微酸性電解水(実質値pH5.0及びpH6.0、ACC50ppm)では不活化効果は認められなかった】と報告されています。
  • 【他のサンプルの検証結果も99.9%未満であった】と報告されています。

次亜塩素酸水の性質や取扱は製法、原料が基礎的情報源であり、次亜塩素酸水の効力は有効塩素濃度と酸性度が指標となるがNITEが世間で販売されている【次亜塩素酸水】80以上の物質を調べた結果、下記が明記されていない商品が多くあったと報告しています。

  • 電気分解、混和等の製法の明記
  • 電気分解によって生成された製品に用いた電解質の明記
  • 液性pH(アルカリ性~酸性)明記
  • 次亜塩素酸濃度 mg/L、ppmを単位としての明記
  • 製造日、使用可能期間、濃度の低減の明記

このように基準がなく世に出ている製品が多いので、一般の人々が消毒用として使用して良いのかの不安があるのでしょう。
商品のメーカーを選定して検証すれば、有効な商品であると断言できるのでしょうが、【次亜塩素酸水】と一括りにするとまともでない商品が数多くあるため国の機関としては基準を明確にした上でないと判断が難しいのでしょう。
個人の見解ではありますが、次亜塩素酸水は、安全性を基準にしたガイドラインに沿い生成し使用する側がガイドラインに基づいた保管、希釈、適正使用を心がければ間違いなく除菌や消毒に効果がでる物資です。
現にノロウイルス、インフルエンザウイルスへの感染か減少は、厚生労働省も認めています。
当社(秀美装)にとって当たり前である商品の性質pHと濃度ppmを使用前に検査し使用することが、
他でも求められるのではないでしょか。また次亜塩素酸水を生成するメーカーは商品の【科学的根拠に基づいた安全シート】を製作して一般のユーザーや次亜塩素酸水を仕事で使用している方たちを安心させる義務があると思います。
<当社使用製品メーカー「霧のいけうち次亜塩素散水安全データシート」参照>

次亜塩素酸水安全データシートはこちら >*PDFデータが開きます。

②について

これについては端的です。
人がいる状態での空間噴霧に対しての検証試験が行われていないため人体に無害であると断言できないという報告です。
空間に噴霧する際には噴霧する部屋や空間を無人にして作業者はマスク、保護メガネを着用して作業をすれば、何の問題もないでしょう。発表する側が国の機関であるため安易なこと言えないということです。
次亜塩素酸水を使用する際は、成分、使用してもよい場所、希釈の度合い表示、広告をよく読んで確認して安心できるものを使用してください。
あくまでも今回の製品評価技術基盤機構中間報告は、コロナウイルスに対してのみの見解であり【次亜塩素酸水】が全ての菌やウイルスに対して無効と言っているものではありません。次亜塩素酸水は、食品添加物としても幅広く普及しています。 間違いなく菌やウイルスを感染価減少させるものです。各機関が随時、検証試験結果の報告をしています。
ネットニュースなどの報道による情報は、常に偏りが見られますので注意して下さい。

次亜塩素酸水除菌データはこちら >*PDFデータが開きます。

ドライフォグハイノウによる散布

次亜塩素酸水使用:注意点

世に出回る次亜塩素酸水の販売元が明確な生産日、pH値(水溶液の性質が酸性・アルカリ性の程度)、塩素濃度ppm、濃度減少傾向、保管用途、適切使用範囲等の安全データーシートを明記していないものが大半で基準がないために使用用途が絞れない商品には十分に気を付けてください。また人がいる場所でのスプレー等での噴霧は人体に悪影響を及ぼさないという確信が無い為に控えるように注意を促しています。

※画像をクリックするとPDFが開きます。

次亜塩素酸水による細菌・ウイルス除菌にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

次亜塩素酸水による細菌・ウイルス除菌にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

光触媒による抗菌コーティング

秀美装が使用している、「サガンコートエアゾールタイプ」は
法務省出国在留管理庁がコロナウイルス対策として購入されている商品です。
秀美装では、次亜塩素酸水を散布後、光触媒「サガンコート」によるコーティングをおすすめしています。
光触媒効果によって、太陽や蛍光灯の光で「抗菌・抗ウイルス」「空気の浄化」効果を長期間(8~10年)維持します。

サガンコート(エアゾールタイプ)は法務省出国在留管理庁がコロナ対策として購入されています。